宅配野菜

インターネットで野菜を宅配?

野菜が不足しがちな人におすすめなふるさと青汁ですが、最近では、宅配の野菜をうまく利用している人も増えています。

スーパーで野菜を買ったり、近所や両親からのおすそ分けなどで、野菜を食べることが多いと思います。 最近では、家庭菜園やガーデニングが流行っていて、野菜キットなどを購入して育てたものを食べるという人もいるでしょう。

インターネットの検索サイトで、『宅配野菜』と入力すると、とてもたくさんのメーカーがあることが分かります。 今は、野菜を宅配してもらえる時代なのです。

食品全般に宅配しているメーカーもあれば、野菜専門の宅配メーカーもあります。 専門で行っているメーカーを利用するメリットとしては、有機野菜や産地直送の野菜が手に入りやすいという点です。

昔に比べて有機野菜・オーガニック野菜専門店は増えましたが、スーパーにようには購入しにくいのが現状です。 レタスなどの葉ものの野菜やキノコ類のような小さな野菜は良いのですが、ジャガイモなどの重いものを運んでくれるのが嬉しいですよね。

いつでも新鮮な有機野菜をどんな量でも自宅まで届けてくれるというのが、とても魅力です。 野菜にはそれぞれ鮮度や甘味などの見分け方が違います。 こういった宅配野菜メーカーに頼むと、安全で良い物を選んでくれているので、安心して食べることが出来ます。

また、なかなかスーパーなどに出回らない旬のオススメ野菜が分かるのも、宅配野菜メーカーの特徴です。 インターネットのサイトから注文できるメーカーがほとんどなので、とても便利です。

中でも人気がありオススメできるのが、 生協のパルシステム です。

産直と環境にこだわっており、安全かつ安心な食材を自宅まで届けてもらうことができます。

▼詳しくはこちら▼
宅配食材のパルシステム

野菜不足を解消するには?

「最近あまり野菜を食べていないなぁ・・・」と思い当たる人は多いのではないでしょうか?

厚生労働省が発表する『平成19年国民健康・栄養調査結果』によると、野菜摂取平均量は290gというデータが出ました。 財団法人健康・体力づくり事業財団が定める「健康日本21」によると、1日当たり成人の野菜の摂取量は350g以上となっています。

実際の摂取量は目標値をはるかに下回っています。 男女ともどの年代においても、摂取量の1/3ほどしか緑黄色野菜を食べていない結果となりました。

慢性的な野菜不足は、便秘や肌荒れなどの症状から、動脈硬化・高血圧・ガンなどの生活習慣病へと発展することもあります。 健康維持・疾病予防のためにも、毎日350g以上の野菜を食べることが理想なのですが、なかなか難しい人も多いようです。 そんな時には、サプリメントで不足している分を補ってみてはいかがでしょうか?

ビタミン・ミネラルなどのサプリメントも良いですし、青汁や野菜ジュースなど毎日簡単に摂取できるものもあります。 野菜を取り込んだ加工食品も、数多く販売されています。

野菜が練り込まれた麺類やパン、簡単に食べられるレトルト食品に入っている乾燥野菜などです。 これらの加工食品には、限られた野菜しか使われていないので、やはり面倒であっても調理されたいろいろな野菜を食べることが大切だと言えます。

当サイトメニュー

ふるさと青汁はスッキリ飲みやすい?
明日葉の青汁 VS その他の青汁
便秘解消に効果あり!
食物繊維の効果
食物繊維をとるための料理レシピ
便秘解消のツボ
野菜の効果・栄養
健康茶・野菜ジュース
インターネットで宅配野菜
おすすめリンク
運営会社

ローン返済額