野菜の効果

野菜によって効果や栄養は違います。

好き嫌いをする子どもに、「体にいいんだから、ちゃんと野菜を食べなさい。」と怒る親をよく見かけますが、その通りで、野菜は私たちの健康にいいのです。

疲れている人にピッタリの野菜は、ニンニクやニラです。 疲労回復を促進するビタミンB1を効率よく吸収するために手助けするアリシンが多く含まれています。 必須アミノ酸アスパラギン酸が含まれるアスパラガスも、代謝を高めスタミナアップする効果があります。

慢性的なストレスやイライラに効果がある野菜は、セロリ・小松菜・カブなどです。 イライラしている人に、「カルシウム不足じゃない?」なんてことを言ったりしますが・・・ 小松菜・カブの葉の部分には、牛乳コップ一杯ほどのカルシウムと同じくらいの量が含まれています。 気持ちが不安定になったり、注意力が欠けたりしないために必要な亜鉛が豊富に含まれています。 免疫力・抵抗力が下がると、ウィルスに負けて風邪などを引きやすくなってしまいます。

ネギには発汗作用、生姜には解熱・鎮痛作用、カリフラワーには免疫力アップなどの効果があります。 ネギはお粥に入れて、生姜は摩り下ろして生姜湯に、カリフラワーはスープに入れると良いでしょう。

野菜を普段の食事でとるようにするのはもちろんのこと、それが十分にできない・・・という方は、ふるさと青汁やサプリメントなどで補足するというのも、いい方法です。

まだまだ野菜を食べると良い効果はあります。

人間は年を取ると共に、若い頃とは違いいろいろな変化が出てきます。 その中の一つに、物忘れがあります。

「昨日食べたものが思い出せない。」ということにならないためにも、普段の食事で予防しましょう。 脳を活性化させるために必要な成分は、チロシンやレシチンです。

チロシンが多くふくまれているのがタケノコで、市販の水煮タケノコを切ったときについている白い塊がそうです。 タケノコに含まれている旨み成分、グルタミン酸も脳を活性化させる働きがあります。 レシチンを含むのが枝豆で、衰える記憶力や痴呆症の予防になる成分です。

脳だけでなく年齢を重ねる度に症状が進むのが、老化です。 カボチャには老化の進行を止めるビタミンEが豊富なので、美肌効果が高いと言われています。 老化の原因となる活性酵素を抑制するβーカロテンも多く含まれています。

玉ねぎやナスに含まれるポリフェノールには、抗酸化作用・血液サラサラの効果があり、老化防止にピッタリの野菜です。

食欲不振の時に良い野菜は、大根・カブ・山芋などの根菜類です。 大根やカブには消化酵素ジアスターゼが多く含まれています。 このジアスターゼは、弱った胃腸の消化の働きを助け、胃酸を調節してくれます。

また、山芋のネバネバには、同じく消化酵素が多く含まれているので、食欲不振回復に効果があります。

健康は体だけでなく、脳も健康であることが理想です。

肉や魚ばかりでなく、野菜もたくさん食べなければならないのには、ちゃんと理由があります。

よく「青魚を食べると賢くなる。」と言いますが、野菜不足は知能や性格に異常が見られるというデータがあります。 脳を活性化させるためにビタミンB群・Cが必要です。

摂取してから脳へ到達するまでの道のりである血中により長くいられるのが、ニンニク・ニラ・ネギ・玉ねぎなどです。 また、赤血球をつくるのに必要な鉄分を、小松菜・春菊・ホウレン草などから取り入れることによって、脳に必要な栄養素はを運ぶ血液を作ることが出来るのです。

もちろん、他のビタミン類やミネラル分が慢性的に不足すると、情緒不安定になってしまうのです。 イライラしてしまう人は、カルシウムが不足している傾向にあります。 モロヘイヤ・水菜・青梗菜などカルシウムを多く含む野菜を、日ごろから食べる習慣づけましょう。

カルシウムと一緒に、ホウレン草・いんげん豆・トウモロコシなどに多く含まれているマグネシウムを取ると良いと言われています。 野菜や果物を日々バランスよく食べていると、認知症やアルツハイマー病を予防するという報告もあります。

子ども・成人・高齢者、全ての人が、1日3食バランスの良い食事を食べることで、心身共に健康を維持することになるでしょう。

野菜が足りていないな・・・と実感している方には、まずは「ふるさと青汁」をお試しされることをオススメします。

>>ふるさと青汁 公式サイトはコチラ<<

当サイトメニュー

ふるさと青汁はスッキリ飲みやすい?
明日葉の青汁 VS その他の青汁
便秘解消に効果あり!
食物繊維の効果
食物繊維をとるための料理レシピ
便秘解消のツボ
野菜の効果・栄養
健康茶・野菜ジュース
インターネットで宅配野菜
おすすめリンク
運営会社

ローン返済額